鹿児島県鹿児島市多頭飼育救済支援レポート(行政枠)㊽

申請No.48
申請日:2021年1月22日
申請/実施責任者:鹿児島市保健所
場所:鹿児島県鹿児島市
居住者:当事者本人(43歳、男、失業中)、配偶者(44歳、女、無職)
居住環境:持ち家/戸建て
生活保護の受給状況:受給していない
多頭飼育現場の猫の総数:23頭(8頭は自費にて手術済み)
手術日:1月29日
協力病院:ル・オーナペットクリニック
チケット発行数:15枚
手術頭数:15頭

申請から不妊手術完了までの経緯(報告書より)

    1. 当事者は2014年~2015年にかけて3頭の猫を購入。さらに2018年に知人から保護猫1頭を譲り受けた。
    2. 2018年に譲り受けた保護猫が2019年4月に出産して以降、その猫や生まれた猫が次々と妊娠・出産を繰り返し数が増加。
    3. 一部の猫は自費で手術を行ったが、当事者の失業により経済的に困窮して全頭の手術を行うことができず、2020年10月には27頭まで増加した。
    4. 一部の猫を譲渡して、現在、現場に残る猫は23頭。しかし、妊娠中の猫が複数おり多頭飼育崩壊が目前に迫る状況となった。
    5. 2021年1月中旬、当事者より市の保健所に飼っている猫が増えて管理しきれなくなったとの相談があり、多頭飼育崩壊が発覚。
    6. 以前から飼養環境や衛生状態は特に悪くはなく変化はないが、手術したことでマーキングや攻撃性が抑制され、飼養しやすくなった。
    7. 自費で手術した8頭のうち5頭が妊娠、チケットを使用して手術したメス6頭のうち2頭が妊娠、合計7頭が妊娠していた。
    8. 当事者はこのまま同じ場所に住み続け、飼養を継続しながら可能な限り譲渡を目指す。
手術日 オス メス 耳カットのみ
1月29日 9 6 0 15
9 6 0 15

【現場写真(支援前)】

【現場写真(支援後)】

今回の取り組みを振り返り、改善すべき点や今後の配慮事項(報告書より)
当事者が失業中で不妊手術の費用が調達できず多頭飼育崩壊が目前に迫っていたが、どうぶつ基金の支援を受けて短期間のうちに全頭の手術を行うことができ、飼育環境の悪化や周辺環境への悪影響を回避することができた。


どうぶつ基金スタッフコメント
支援前の現場写真を見て驚きました。見る限り、室内は清潔に保たれており猫の状態も良さそうで、多数の猫が写っていなければ、多頭飼育状態であることは分からないほどです。最初の時点でしっかり不妊手術を行ってさえいれば、ごく普通に猫を飼っている一般家庭でいられたでしょう。
当事者が自ら保健所へ相談したことで発覚しましたが、メス猫7頭が妊娠していた状況を考えると、今の状態で歯止めがかかったことは本当によかったと思います。手術後はマーキングや攻撃性が抑えられ飼いやすくなったとのこと。人も猫も同じ場所に住み続けますが、適正な飼育頭数に近づくよう、継続して譲渡活動に取り組んでいただきたいと思います。


現場 オス メス 性別不明 耳カットのみ 合計
茨城県笠間市 6 3 0 0 9
長崎県大村市 6 6 0 29 41
群馬県富岡市 21 21 0 0 42
北海道根室市 8 6 0 0 14
兵庫県太子町 16 21 0 01 38
沖縄県うるま市 16 21 0 1 38
千葉県白子町 15 10 0 0 25
埼玉県飯能市 15 14 0 0 29
茨城県龍ヶ崎市 3 4 0 0 7
千葉県白子町 4 5 0 0 9
北海道むかわ町 9 11 0 0 20
茨城県かすみがうら市 15 13 0 0 28
青森県三戸町 3 8 0 0 11
北海道江別市 23 12 0 0 35
埼玉県坂戸市 14 9 0 0 26
滋賀県草津市 10 11 0 0 21
北海道千歳市 13 17 0 0 30
鳥取県日南町 13 14 0 0 27
沖縄県うるま市 13 17 0 0 30
北海道苫前町 31 25 0 0 56
神奈川県小田原市 10 1 0 2 13
福岡県飯塚市 2 2 0 0 4
茨城県取手市 8 3 0 0 11
愛知県新城市 43 26 0 0 69
青森県三戸郡五戸町 5 6 0 0 11
青森県三戸郡五戸町 5 3 0 0 8
茨城県筑西市 11 17 0 0 28
神奈川県綾瀬市 21 15 0 0 36
埼玉県所沢市 5 4 0 0 9
茨城県筑西市 14 12 0 0 26
鹿児島県伊佐市 3 3 0 0 6
埼玉県飯能市 11 8 0 0 19
神奈川県綾瀬市 3 2 0 0 5
神奈川県綾瀬市 10 15 0 0 25
千葉県長生村 9 7 0 0 16
鹿児島県日置市 6 6 0 0 12
千葉県茂原市 6 6 0 0 12
富山県富山市 4 1 0 0 5
日南町 4 1 0 0 5
山梨県笛吹市 12 14 0 0 26
福岡県筑紫野市
北海道苫小牧市 12 1 0 0 13
和歌山県橋本市 7 12 0 0 19
群馬県藤岡市 9 10 0 0 19
神奈川県小田原市 6 6 0 0 12
千葉県香取郡多古町 13 11 0 0 24
千葉県香取郡多古町 6 12 0 0 18

 

多頭飼育救済に関するお問合せはこちら

最近の投稿
  • 37_東京都東大和市多頭飼育救済支援レポート(行政枠) 同案件2回目(1回目㉟)
  • 44_埼玉県川越市多頭飼育救済支援レポート(行政枠)
  • 61_和歌山県かつらぎ町多頭飼育救済支援レポート(行政枠)
  • 72_佐賀県鳥栖市多頭飼育救済支援レポート(行政枠)