沿革

どうぶつ基金の歩み

昭和63年(1988年)
  • 富岡操(初代会長)横浜市に財団法人横浜動物福祉協会を設立。
平成2年(1990年)
  • 神奈川県愛甲郡清川村に動物保護シェルター建設
平成10年(1998年)
  • 名称を財団法人富岡操動物愛護基金に変更
平成17年(2005年)
  • 地域猫無料不妊手術を開始
平成18年(2006年)
  • 代表に佐上邦久就任
  • 地域猫無料不妊手術1000匹
  • 座間市で行政による猫引取り殺処分ゼロを達成
  • 名称を財団法人どうぶつ基金に変更
平成19年(2007年)
  • 清川村で集中不妊手術、保健所による猫引取り殺処分数ゼロ達成
  • 厚木市で200匹の集中無料不妊手術の結果殺処分38%減少
平成20年(2008年)
  • 猫無料不妊手術3000匹達成(平成18,19,20年度合計)
平成21年(2009年)
  • 猫TNR助成金制度を開始
平成22年(2010年)
  • 内閣総理大臣より公益財団法人承認
  • 兵庫県芦屋市に事務局移転
  • 環境省主催 生物多様性エキスポ 出展
  • 衆議院会館で理事長が講演「殺処分ゼロへの提言」
  • いのちつないだワンニャン写真コンテスト環境大臣賞 開始
  • 山口武雄前代表 動物愛護功労者環境大臣表彰受賞
  • 佐上理事長 環境大臣表敬訪問
平成23年(2011年)
平成24年(2012年)
平成25年(2013年)
平成26年(2014年)
平成27年(2015年)
平成28年(2016年)