富山市多頭飼育救済支援レポート①

申請No.1
申請日:2018年6月28日
申請者:富山保健所
場所:富山県富山市
実施責任者:Y氏
協力団体:月猫カフェ
居住者: 当事者本人(69歳、男、無職)
居住環境:借家/戸建て
生活保護の需給状況:受給している

申請までの経緯(報告書より)
1.元々は同居人が猫を飼っていたが死去したため、当事者は現在一人暮らし。
2.当事者は猫の殺処分は望んでおらず、避妊去勢の必要性は理解しているが年金暮らしで病院通いの為お金がなく実施できず、家も荒れている。猫は室内と外を出入りしている。
3.周辺住民からの苦情がボランティア団体月猫カフェの元に入り、行政に相談が入った。
4.行政、ボランティア、当事者の3者立ち合いの上どうぶつ基金の力を借り避妊去勢手術を行い周辺住民に迷惑をかけないよう飼っていくことにする。

実施スケジュール(報告書より)
6月29日 (金) どうぶつ基金へ申請。
7月 5日 (木) どうぶつ基金チケット発行(計10枚 期限:8月末まで)
7月15日 (日) 病院へ運搬・手術(アスラン動物病院)メス1頭手術
7月22日 (日) 病院へ運搬・手術(アスラン動物病院)メス4頭手術
8月31日 (金) 病院へ運搬・手術(アスラン動物病院)メス1頭手術

調査時に10頭いた猫のうち1頭が7月16日に出産、生まれた猫はボランティアが育て、育ち次第新しい飼い主を探し、譲渡できる猫も譲渡する。
別に生後3ヶ月程度の子猫が4頭いたが、事業期間中に新しい飼い主が見つかったので手術不要となり、残りの6頭の手術を実施した。
家は以前と変化なく荒れている状態であるが今後改善予定。

【現場写真(支援前)】
s_DSC_1267_2018_04_03.jpg s_DSC_1268_2018_04_03.jpg

s_DSC_1269_2018_04_03.jpg s_DSC_1270_2018_04_03.jpg

s_DSC_1269_2018_04_03.jpg


【現場写真(支援後)】
s_1513030193237_2018_04_03.jpg s_1513030219388_2018_04_03.jpg

s_1513030193237_2018_04_03.jpg s_1513030219388_2018_04_03.jpg

今回の取り組みを振り返り、改善すべき点や今後の配慮事項(報告書より)
ボランティア団体の月猫カフェに相談した際に避妊去勢の為の搬送及び子猫の譲渡を協働で行うことで事態の解決を図ることとなった。
富山市でははじめての事例になったため、内部のコンセンサスを得るのに時間を要してしまい、結果的に事業実施中に該当猫が出産してしまった。
もう少し早く事業がはじめられれば良かった。

現場 オス メス 性別不明 耳カットのみ 合計
① 富山県富山市 0 6 0 0 6

 

行政からの多頭飼育問題の相談や救済依頼が増えてきました。多頭飼育の猫には所有者(飼い主)がいます。飼い主の多くは糞尿とゴミにまみれた中で数十頭の猫と同居しています。「健康で文化的な最低限度の生活」とは言えない状況で暮らしています。生活保護を受給している方や、心の病を患っておられる方も見受けられます。こういった飼い主さんと猫ボランティアさんが直接かかわることは危険でうまくいかないことも多くあります。今回は行政との連携による早期介入で崩壊という状態に至る前に解決への糸口をつかむことが出来ました。しかしながら内部のコンセンサスを得るのに時間を要してしまい、結果的に事業実施中に該当猫が出産してしまいました。問題が発覚すれば、まずは一日も早く手術を行う事が大切です。今後も行政、地元ボランティア、どうぶつ基金が連携して多頭飼育の問題に取り組みたいと思っています。

どうぶつ基金 理事長 佐上邦久


多頭飼育救済に関するお問合せは
 こちら