三重県さくらねこTNRプロジェクト実施報告(H30第1回目)

猫の殺処分ゼロを目指して日々地域において活動している公益財団法人どうぶつ基金。
今回も昨年と同様に三重県、地域住民、ボランティア、関係市町職員と共に協働で今年度第1回目となります無料出張手術を実施致しました。

5月16日(水)、17日(水)に三重県が運営する三重県動物愛護センター(あすまいる)にて2日間で142の無料不妊手術が行われました。このような形で行政のセンターで協働するのは日本初の事業となり、今年度第1回目になります。  

ブ1IMG_3337

主 催:公益財団法人どうぶつ基金、三重県
申請者:三重県動物愛護推進センター「あすまいる」
日 程:2018年5月16日(水)~ 2018年5月17日(木)
会 場:三重県動物愛護推進センター「あすまいる」
獣医師:山口獣医師・足立獣医師・他、県の職員(獣医師)
ボランティア獣医師:
平野獣医師・斎藤獣医師・辻獣医師

診療:不妊手術(オス・メス)、3種混合ワクチン、補液、

ノミ、ダニ・回虫の駆除(レボリューション)、負傷治療など
診療以外:耳先のV字カット(さくら耳)、爪切り、耳掃除、ブラッシングなど
手術数:142頭 

無題

IMG_3451
左mocoどうぶつ病院 齊藤院長
右swingどうぶつ病院 平野院長がボランティア参加してくれました。

ブ2IMG_3453
これから麻酔を打っていきます。黄色のカゴは職員さんの手作りケージです。

ブ3IMG_3414
次はぼくの番だ

ブ4IMG_3353
市の職員さんが毛刈り担当

ブ5IMG_3363
どうぶつ基金の山口獣医が県の獣医師2名に技術指導


日本では1年間で約4万5000頭の猫が殺処分されています。地獄のスパイラルをストップするため一番最初にすべきことは不妊手術です。

どうぶつ基金では命を最優先に、1頭でも多くの罪なき命を守るため、全国約94カ所の協力病院と、離島などへの出張手術で無料不妊手術を行っています。
しかし、過剰繁殖し続ける猫の数に資金と活動が追い付かず、必要な支援が届きにくくなっている状態です。殺処分がゼロになり、人と犬や猫が笑顔で共生出来る日までどうぶつ基金の活動に是非皆様方のお力をお貸しください。

公益財団法人どうぶつ基金
理事長 佐上邦久

三重県さくらねこ一斉TNR事業報告

三重県さくらねこ一斉TNR事業協働地域からの報告紹介


ご寄付のご案内  ← クリック

どうぶつ基金は公益財団法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります
皆様のご支援は、どうぶつ基金が最も必要性が高いと判断するさくらねこTNR活動などに充当させていただきます。

さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。

さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア  ←クリックでShopに移動します。