さくらねこ短歌コンテスト開催!~2月15日から作品募集開始~

犬や猫の殺処分ゼロの実現を目指す公益財団法人どうぶつ基金(所在地:兵庫県芦屋市、理事長:佐上邦久)は、「さくらねこ」のこと、飼い主のいない猫のこと、そして命の大切さを考えるきっかけとするため『さくらねこ短歌コンテスト』を開催いたします。大賞、優秀賞の発表は3月22日「さくらねこの日」です。

公益財団法人どうぶつ基金は(所在地:兵庫県芦屋市、理事長:佐上邦久)は、「さくらねこ」のこと、飼い主のいない猫のこと、そして命の大切さを考えていただくきっかけとするため『さくらねこ短歌コンテスト』を開催いたします。大賞、優秀賞の発表は3月22日「さくらねこの日」です。

🌸さくらねこ短歌コンテストの詳細はこちら🌸

https://www.doubutukikin.or.jp/sakuranekotankacontest_2023/

<さくらねこ短歌コンテスト 概要>
1.テーマ
「さくらねこ」
「さくらねこ」とは、不妊手術済みのしるしに耳先をさくらの花びらの形にカットした猫のことです。
この耳のことを「さくら耳」といいます。
※さくらねこについて詳しくはこちら
https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/story/

2.募集期間
2024年2月15日(木)~3月15日(金)

3.応募資格
どなたでもご応募いただけます。

4.応募点数
お一人様6首まで応募可能

5.応募方法
以下専用フォームより応募

https://business.form-mailer.jp/fms/9309cc86228359

6.結果発表
2024年3月22日(金)
どうぶつ基金公式ホームページなどで発表。

7.賞・賞品
●大賞(1名) アマゾンギフト券22,000円分
●優秀賞(10名) アマゾンギフト券2,000円分

審査員には、福岡大学経済学部教授でありながら俳人、歴史小説家としての顔も持つ山﨑好裕(やまざきよしひろ)氏、コピーライターやブランディング・ディレクターとしてご活躍の環境広告(株)サステナ代表のマエキタミヤコ氏、朝日新聞社で文化くらし報道部デスク、社会部デスク、週刊朝日編集長などを歴任し現在はフリーでご活躍の佐藤修史(さとうおさふみ)氏をお迎えし、どうぶつ基金理事長佐上邦久を加えた4名でご応募作品の審査を行います。

短歌をはじめて作る方も大歓迎!
日本で古くから親しまれている短歌。五・七・五・七・七の三十一文字に猫たちへの思いや愛をのせて「さくらねこの日(3月22日)」を盛り上げていきましょう!
多くの方のご応募をお待ちしています。

▼ご応募はこちらから▼
https://business.form-mailer.jp/fms/9309cc86228359

最近の投稿
  • さくらねこ短歌コンテスト開催!~2月15日から作品募集開始~
  • 野良猫への餌やり禁止条項に反対!沖縄県知事、沖縄県議会議長に要望書と署名28,480筆を提出
  • 署名47,284筆!環境省に「狩猟鳥獣からノネコノイヌの削除を求める要望書」を提出
  • 署名12,555筆「ノラ猫にやさしい市政を」大阪市と団体協議を行います。