深島がさくらねこの島になりました

深島さくらねこ一斉TNR報告書 ←クリック

猫の楽園として有名になった大分県佐伯市の深島で島の猫すべてに無料不妊手術を行ってきました。

主 催:公益財団法人どうぶつ基金
申請者:深島区 区長
日 程:2019年10月5日~7日
会 場:深島地区集会所
獣医師:山口、足立、神坂・佐藤・村上
診療:不妊手術(オス・メス)、3種混合ワクチン、補液、
ノミ、ダニ・回虫の駆除(レボリューション)、負傷治療など
診療以外:耳先のV字カット(さくら耳)、爪切り、耳掃除、ブラッシングなど

捕獲数は98匹
幼齢のため手術できなかった仔猫 10匹
手術済み(耳カットあり)20匹
手術済み(耳カットなし)4匹
手術実施数  64匹 (オス37匹  メス27匹(内妊娠1匹)


茶トラが35%と、一番多かったです!


島の集会所に診療所を開設、手術が順調に進みます。今回はおなじみの山口獣医師、石渡先生に加えて東京から神坂先生、
地元大分から佐藤先生、村上先生がボランティア参加。動物愛護精神の高い先生たち5人がチームです。


獣医師チーム 左から、神坂先生、石渡先生、山口先生、佐藤先生、村上先生
お疲れ様でした! 立ちっぱなしで緊張の連続ですがやり遂げた先生たちの笑顔は最高ですね。


深島ごとさくらねこTNRを、リードしていただいた安倍さん親子
昨年、一斉TNRを行った愛媛県の青島では実行まで5年の月日がかかりました。
行政や地元住民との調整に時間がかかり、その間に猫は100匹から200匹に増えていました。
今回は安倍さんがリーダーシップを発揮してくれて、行政、観光協会、地元ボランティアを
まとめてくれたおかげで数か月で実行することが出来ました。本当に良かったです!


人口18人の島民の皆さんが全員一致でTNR賛成!大好きなお気に入り猫が気になります。


道端に置かれたトイレに愛情を感じます。猫が迷惑をかけて嫌われないように、、。
さくらねこが愛され猫になるために、これからもみんなで見守っていきます。


手術の翌朝、猫たちの健康状態を確認して離します。 みんな元気! 一番うれしい瞬間です。


いつもの自分の居場所にいそいそとかえって行きます。やれやれ安心 達者で暮らしてね。
今回の一斉TNRによりほぼすべての猫への不妊去勢手術ができました。深島の猫たちはこれ以上増えることなく将来的には減っていきます。
一代限りの命を健気に生きる深島の猫たちを温かく見守っていただければと思います。


帰りは、観光協会が用意していただいた船で帰ります。捕獲器、ケージなど積み込み作業も全て島民とボランティアさんたちで行いました。

全国から殺到する無料不妊手術の要請に対して資金不足は深刻です。また地方への出張手術には多額の費用がかさなってしまいます。
25000頭分の無料不妊手術も資金はもう底をつきます。十分な獣医療のためのお金が足りません。
産まれてすぐに殺される、そんな悲劇をゼロにするために、あなたの温かいご支援を願いいたします。

★さくらねこサポーターに参加して力を分けてください。
救いの手を差し伸べるために、今を救う今回の寄付をお願いします。

ご寄付のお願い

★ヤフー募金
Tポイントでも気軽に寄付できます。有効期限前に余ったポイントでご寄付をお願いします。
https://i.r.cbz.jp/cc/pl/gxrx5667/qwmppqc239bc/4dip5qit/

最近の投稿
  • 2024年度さくらねこ無料不妊手術チケット発行一覧
  • のんのスペイクリニック(東京都)が協力病院に参加
  • 萩園どうぶつ病院(神奈川県)が協力病院に参加
  • くすのき動物病院(鹿児島県)が協力病院に参加