山崎教授 小泉環境相、河野行革相に意見書提出

奄美意見書 (1)

山崎教授が小泉環境大臣と河野行革担当大臣に、令和3年度「ノネコ」駆除予算を凍結するよう、意見書を提出されました。
国民が新型コロナウイルス感染症に苦しむなか、殺処分を辞さず「ノネコ」を駆除するために、これまで例のない6,000万円という多額の予算が計上されています。
 科学的根拠もなく、希少種保護を名目に捕獲業者に不要不急の恩恵を与えるこの予算を、国民をあげて阻止しなくてはなりません。
とりわけ、犬猫の殺処分をゼロにするために戦っている多くの皆さんにとって、この予算を黙認することは大きな打撃となります。
このお金は、コロナ禍で苦しんでいる、奄美・沖縄地域の観光・宿泊業関係者の皆さんへの支援に充てるべきです。

change org.[世界遺産を口実に、奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください!]への署名をお願いします。