和歌山県と三重県で出張手術を行います!

すでにメルマガでもご案内しておりますとおり、
現在、出雲市で犬多頭飼育崩壊の一斉手術が行われています。

ご寄付や支援物資に込められた皆様の温かいお気持ちを
どうぶつ基金スタッフ、獣医師、ボランティアがしっかりとお届けいたします。
現場の状況はSNS等でお知らせいたしますので、ぜひご確認ください。

犬たちが幸せに暮らせるよう、引き続き温かいご支援をいただければ幸いです。

https://www.doubutukikin.or.jp/contribution4/#form

・-・-・-・-・-・-・-・

さて、本日は猫の出張手術のお知らせです。
11月、どうぶつ基金では以下の日程で猫の出張手術を実施いたします。

↑過去の一斉手術の様子

~11月17日(火) 和歌山県橋本市~
日程:2020年11月17日(火)
場所:橋本市環境美化センター
実施予定数:地域内の飼い主のいない猫 50匹(予定)

これまでも協働行政として「さくらねこTNR」に取り組んでこられた橋本市様。
現地ボランティアと協力し、猫に関する問題をいち早く解決するためにも
地域の猫を一斉に手術したいと出張手術のご相談が寄せられました。

↑地域のなかで暮らす猫たち。不妊手術を受けて「さくらねこ」になります。

どうぶつ基金が和歌山県で出張手術を実施するのは今回が初となります!

エキスパート獣医師による不妊・去勢手術のほか、
さくら耳カット、ワクチン接種、ノミ・ダニ駆除等を無料で実施いたします。

~11月18日(水)・19日(木) 三重県津市~
日程:2020年11月18日(水)~11月19日(木)
場所:三重県動物愛護推進センター「あすまいる」
実施予定数:地域内の飼い主のいない猫 180匹(予定)

どうぶつ基金では「さくらねこTNR」に取り組む三重県と連携して、
飼い主のいない猫の無料不妊手術等を行っています。

この協働事業は、2014年にスタートして今年で7年目を迎えました。
2018年度には613匹、2019年度には246匹のさくらねこが誕生し、
殺処分ゼロに向けて大きな成果を上げています。

↑2018年の手術の様子

動物愛護に及び腰になる行政がまだまだ多いなか、
三重県動物愛護推進センターの方々は、
「殺されてしまう命を救いたい、何とかしたい」という気持ちを強く持ち、
出張手術にも積極的に取り組まれています。

※三重県との協働事業の実績はこちらからご確認いただけます。

この協働事業が「三重県モデル」として全国の行政に広がれば
もっともっと救える命があるはず。
どうぶつ基金は今後も行政等への働きかけを行ってまいります。

・-・-・-・-・-・-・-・

飼い主のいない猫すべてに不妊手術を施して、
これ以上増えないようにする『さくらねこTNR活動』などの
長期プログラムには『毎月』の継続したご支援が欠かせません。

今回ご案内したような特定地域での一斉TNRや、
全国から相次いで寄せられる多頭飼育崩壊に関するSOSなど、
いざというときにどうぶつ基金が迅速に活動できるのは、
皆様から継続的にいただくご支援があればこそです。
ご支援いただいている皆様、本当にありがとうございます。

・-・-・-・-・-・-・-・

★さくらねこサポーターになる!
https://www.doubutukikin.or.jp/kifu/

※毎月のご寄付へすでにご参加いただいているにもかかわらず、
再度のご案内となりました場合は失礼をご容赦ください。

ヤフー募金ではTポイントを1ポイントから寄付できます。
有効期限前に余ったポイントでご寄付をお願いします。

たった1ポイントでも、たくさん集まれば、
それは猫を助ける大きな力となります。

https://donation.yahoo.co.jp/detail/5171001/