足立獣医から感謝の気持ち


奄美大島での活動には、ボランティアさんの協力が欠かせません。
1人の力ではできることが限られてきます。また、病院にも活動に興味を持った方がいつ訪ねてくるかがわからないので、その訪問チャンスを逃さないためにもなかなか病院を留守にして外での活動をすることが難しいです。

ボランティアの方が来て下さることで、病院内での作業を円滑に進めることができたり、病院外でチラシを配って広く活動を知っていただくポスティング、また車を持っている方に送迎をお願いしたりなど、できることの範囲がぐっと広がっていきます。

現在、病院のある地域内では、さくらねこポスターを所々に見かけます。これも、長期で参加していただいているボランティアの方のお陰です。このポスターや、チラシを見てきていただける方もいらっしゃるのでとても助かっています。(写真はすこしわかりにくいですが、市内のスーパーに貼っていただいたポスターです)

また、先日は島外から短期ボランティアの方に、猫の運搬を手伝っていただきました。これも、普段はなかなかできない活動です。

いつも支えて下さるボランティアの方々には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
今後ともよろしくお願い致します。

足立
ボランティア登録フォーム ➡ goo.gl/6We4SE

親子でボランティア参加 一頭づつ丁寧に術後のチェックをしてくださっています。

受付も大事なお仕事。丁寧に対応をしていただいています。

捕獲必要セット!これは便利です!

ボランティア登録フォーム ➡ goo.gl/6We4SE

最近の投稿
  • 【ちきゅう部だより】第14回 コンゴの水産物-消費と保全-
  • 【ちきゅう部だより】第13回 コンゴのジェンダー問題 -国際女性デーにちなんで-
  • 【ちきゅう部だより】第12回 コンゴのツーリズム事情
  • 【ちきゅう部だより】第11回 コンゴでの暮らし(2) -特殊な医療事情-