8月15日OPENしました

奄美大島で無料不妊手術を行う「あまみのさくらねこ病院」が、予定通り8月15日にオープンしました。

当日午前に現地で行った記者会見には多くのメディアが参加し、テレビや新聞であまみのさくらねこ病院を紹介して頂くことができました。

記者会見の様子(手前左から足立プロジェクトリーダー、佐上理事長、山口院長)

開院を祝うお花もたくさん届き、病院を華やかにしてくれました!

皆様から頂いたお花

皆様から頂いたペットシーツ、フード、各種機器などの支援物資も、さっそく活用させて頂いています。

 

開院に合わせて、ボランティア獣医兼あまみのねこひっこし応援団団長として、NPO法人ゴールゼロ代表で東京・中野のmoco動物病院の院長でもある斉藤獣医が駆け付けてくれました。

ゴールゼロの「あまみのねこひっこし応援団」は、環境省が主導するノネコ管理計画のもとで捕獲されたノネコをノネコセンターから引き取り、馴化(じゅんか)という人に馴れさせるプロセスを経て、里親を探して譲渡する活動です。

ゴールゼロからマイクロチップリーダーと素敵なお花を頂きました(左から佐上理事長、足立プロジェクトリーダー、斉藤獣医)

この日は、地元の方々が17頭の猫をあまみのさくらねこ病院に連れてきてくださいました。

院長の山口獣医とプロジェクトリーダーの足立獣医が、ゴールゼロの斉藤獣医の補助のもと、この日のうちに全頭に不妊手術を実施しました。

手術を行う山口院長(左手前)と足立プロジェクトリーダー(右)

手術が終わってさくらねこになった奄美大島の猫たち。

翌日にお迎えに来てもらうまで、あまみのさくらねこ病院でお泊りです。

地元の皆様、ボランティアの方々、そしていつもご支援くださる皆様のご協力のおかげで、あまみのさくらねこ病院は無事に活動をスタートさせることができました。

さくらねこトラックの前で

どうぶつ基金の奄美大島での活動はこれからが本番です。

引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

★現地ボランティアさんを随時募集しています!また、現地猫場情報もお寄せ下さい!!
下記フォームよりご入力をお願いします。

ボランティア登録フォーム ➡ goo.gl/6We4SE
奄美お問い合わせフォーム ➡ http://qq2q.biz/L36T

★開院に伴い支援物資のお願いです。
➡ https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/1CE7IBQ4DDLB6?&sort=default
物資のご寄付をくださった後に、その旨をこちらのフォームでご連絡いただけると助かります。
➡  https://business.form-mailer.jp/fms/ddc7384189730

最近の投稿
  • 【ちきゅう部だより】第14回 コンゴの水産物-消費と保全-
  • 【ちきゅう部だより】第13回 コンゴのジェンダー問題 -国際女性デーにちなんで-
  • 【ちきゅう部だより】第12回 コンゴのツーリズム事情
  • 【ちきゅう部だより】第11回 コンゴでの暮らし(2) -特殊な医療事情-