発表!環境大臣賞 いのちつないだワンニャン写真動画コンテスト 

いのちつないだワンニャン写真動画コンテスト2018入賞作品はこちらからご覧ください。

このコンテスト「本当なら殺されていたかもしれない小さな命が救われ、共に生きる」素晴らしさを多くの人に知ってもらうために2010年より毎年開催しています。

今年も殺処分寸前に救われた命たちの愛らしい写真や動画が、感動のストーリーと共に応募されました。

投稿者:高橋理枝
ブリーダーの売れ残りとして我が家に来たボストン・テリアのドクも、もうすぐ11歳。脳腫瘍のMRI検査や放射線治療を何度も乗り切った頑張り屋。てんかん発作はたまに起こるけど、我が家の誰よりも元気でまだまだ現役!

環境大臣賞に選ばれたボストンテリアのドクはブリーダーの売れ残りでした。

理事長賞のさくらねこフユは、住処のお寺で満開の桜をバックにおすまし。名前がフユですから、ハル、ナツ、アキと四姉妹の一匹です。四姉妹、みんな元気に生きてます。

死の淵から命をつないだワンニャン達の姿は私たちに生きる勇気と感動を与えてくれます。そんな彼らは人間の手によって救われた本当に幸運な命です。しかしその一方で、日本では毎年数万頭の犬や猫が、「もういらない」「売れ残った」「子供を産んだ」「捨て猫が山に入ってノネコになった」といった私たち人間の勝手な理由により殺処分されている現実があります。

応募作品を見て多くの方が次にペットを飼おうと思ったときに「買わずに飼う」という選択をしていただければと願わずにいられません。

最後に、1590点もの素晴らしい作品をご応募いただいた皆さま、投票や応援コメントをいただいた皆様、環境大臣賞を授けていただいた中川環境大臣、大阪府知事賞を授けていただいた松井大阪府知事に心より感謝申し上げます。

公益財団法人どうぶつ基金

理事長 佐上 邦久

=============================
2018入賞作品発表写真展 開催情報
=============================
「いのちつないだワンニャン写真・動画コンテスト2018」
主催:公益財団法人どうぶつ基金
後援:環境省、大阪府
会場:大阪本町ガーデンシティ1Fロビー(セントレジスホテルが入っているビル)
会期:10月18日(木)~20日(土)
時間:10am-7pm  最終日は5pmまで