猫の餌やりは悪?

ねこ問題は「餌やり禁止」だけでは解決できません。

野良猫(飼い主のいない猫)への餌やりは悪という認識のもとで、“無責任な餌やり”と言われることが最近よくあります。

では、“無責任な餌やり”とは具体的にどんな行為を指すのでしょうか?

置き餌、投げ餌など、ご近所に迷惑をかける餌やりが、そう呼ばれているようです。

ヒトから餌を貰えなくなった猫は、稀少動物の捕食者となってしまったり、ゴミをあさったりする可能性が高まります。
また、飼い猫ではない猫をヒトの管理下につなぎとめているボランティア活動を妨害することになり、実態把握が困難になる可能性がでてきます。

不妊手術をしない餌やりさんは悪なのか?

どうぶつ基金はそう思いません。不妊手術は高額で猫の圧倒的な数に対応しきれない現状があるからです。
そもそも、猫を捨てることは、「動物の愛護及び管理に関する法律」44条3 愛護動物を遺棄・虐待した場合100万円以下の罰金とありますが、検挙された例はあまり聞きません。
まずは、ノラ猫のもとを作り上げている遺棄した人間の取り締まりが重要です。
次にノラ猫の不妊手術(TNR)ですが、これだけ社会問題に発展してきた現状を見据えると、行政やどうぶつ基金がもっと頑張らなければならい事なのです。

 

そこで、どうぶつ基金は、通常の餌やりと差別化を図るためにも“無責任な餌やり”ではなく、“マナーを守らない餌やり”と呼ぶことにしました。

「さくらねこTNR」の成功のカギは、マナーやルールを守った餌やりです。

「さくらねこTNR活動」を進めるためには、その地域にいる猫の頭数などを把握し、決まった時間と場所で餌を与えて人間にある程度近づかせる必要があります。同時に、清掃やトイレの設置など、ご近所に迷惑をかけないようにすることも重要です。しかしながら、所かまわず置き餌や投げ餌をする“マナーを守らない迷惑な餌やり”によって、きちんと“マナーを守った餌やり”がしにくくなっています。

「片づけは、猫にはできニャイ」だからマナーを守った餌やりを!

猫たちは自分で片付けできないので、どうぶつ基金の啓発ポスター等でトラブルの原因となる食べ残しの清掃などをお願いしています。そうした“マナーを守った餌やり”からはじめる「TNR先行型地域猫活動」を続けることにより、飼い主のいない猫の数は減少し、野良猫トラブルも減っていくものと考えています。これ以上不幸な猫を増やさないためにも、皆さまのご理解とご協力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※どうぶつ基金はポスターやチラシ等資料の提供も行っています。

イラスト・チラシ提供

報告 : この作品を使用する場合は、公益財団法人どうぶつ基金に報告しなければなりません。
ご協力をお願いいたします。