ポスターコンテスト

「餌やりマナーを守って愛され猫ポスターコンテスト」受賞作品発表!
応募総数157件! 沢山のご応募ありがとうございました。

入賞作品は、ポスター印刷し、希望者に無料配布します。
刷り上がりまで今しばらくお待ちください。

森田恭通賞

森田恭通賞画像(フチあり)

【受賞者】川崎杏菜

【受賞者コメント】

不幸な猫を増やさないためにも、ポスターを通じてこの問題に理解を深めていただけると嬉しく思います。

優秀賞

優秀賞画像(フチあり)

【受賞者】星 真理奈

【受賞者コメント】

猫が大好きなので公募をみて参加を決めました。
丸みのあるやわらかなタッチとはっきりした色使いで目を引くイラストにより「片づけは、猫にはできニャイ」というキャッチコピーを表現。
片付けまでしてあげてこそ猫のためになるということがポスターを見た人に伝わると嬉しいです。

優秀賞

優秀賞2(ふちあり)

【受賞者】飯田 美和

【受賞者コメント】

すべての猫が愛され猫になれるよう願っています。
 
 

「餌やりマナーを守って愛され猫ポスターコンテスト」 内容 テーマ

お腹を空かせたノラ猫をかわいそうに思い、食べ物を与えるボランティアの人や通りすがりの人がいます。でも餌をばら撒いたり、放置して後片付けをしないと周囲の迷惑になり、餌をやる人や猫が嫌われてしまうことがあります。これではせっかくの優しい気持ちが台無し。
そこでマナーを守ることによって、人と猫が幸せに共生できる。というメッセージを込めたポスターを募集します。
参考画像
TNRポスター

作品制作にあたって

① 指定コピーの使用
② どうぶつ基金バナーの掲載 バナーダウンロード
③ 掲示責任者連絡先記入欄の設置
④ 「必ず施設の所有者に許可を得て掲示してください」の注意事項を記入

下記コピーのいずれか、または複数を使用またはアレンジしてポスターにしてください。
オリジナルのコピーを創作していただける場合は、下記コピーの内容を参照してください。オリジナルコピーと下記コピーの組み合わせも可能です。

1、やめよう置き餌
2、餌やりマナーを守って愛され猫
3、愛され猫のために 片づけをお願い
4、片づけは、猫にはできニャイ
5、食べ終わるまで 見守って 後片付けして また明日

※ポスターに猫のイラストなどを使う場合は、不妊手術済のしるしに耳先をVカットした「さくらねこ」でお願いします。
さくら耳

コンテスト概要

審査員

森田恭通(デザイナー) 藤井昭宏(デザイナー) 渕田泰明(デザイナー) 佐上邦久(どうぶつ基金理事長) 山口武雄(どうぶつ基金顧問 獣医師)計5名

募集期間

平成28年4月1日から7月31日

結果発表

平成28年9月頃 ホームページ上で発表

募集対象

どなたでも応募いただけます

応募可能作品数

お一人5作品まで

応募方法

データによる応募
●サイズ:4334pixel × 6118pixel / 縦型デザイン
●エントリー用データを書き出し 作品を以下のようにエントリー用に書き出してください。
*JPGで保存(3MB以内)なお、受賞作品については結果発表後に制作データをお送り頂きますので 必ず保管して下さい。
●応募フォームはこちらをクリック⇒応募フォーム

表彰

森田恭通賞 1名 表彰状 賞金10万円

優 秀 賞 2名 表彰状 賞金 2万円

※なお審査委員会において、該当者なしと判断した場合、各賞受賞者なしの結果となる場合がございます。
森田恭通(もりたやすみち)デザイナー/GLAMOROUS co.,ltd.代表 1967年大阪生まれ 1996年、森田恭通デザインオフィスを設立。 2000年6月には GLAMOROUS co.,ltd. としてスタートを切る。 2001年の香港プロジェクトを皮切りに、ニューヨーク、ロンドン、上海など海外へ活躍の場を広げている。 インテリアに限らず、グラフィックやプロダクトといった幅広い創作活動を行っている。 Best of Year Awards 2009など、受賞歴多数。 夫人の大地真央さんと6匹の猫に囲まれて、猫三昧の日々を送る。http://www.glamorous.co.jp

受賞作品について

受賞作品は以下の展示会やポスター配信が予定されています。
【配信】ホームページにてダウンロード配信
【配布】希望者に無料配布
【展示会】いのちつないだワンニャン写真・動画コンテスト入賞作品展にて展示及び配布

著作権の扱い

応募作品の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む)は応募した時点で、公益財団法人どうぶつ基金に帰属するものとし、応募者は、応募作品について公益財団法人どうぶつ基金に対し著作者人格権を行使しないものとします。
※応募作品は一部表記やデザインなどについて修正をする場合があります。
※入賞しなかった作品でもどうぶつ基金のウェブサイトで紹介する場合やどうぶつ基金が製作する啓発商品にしようされる場合があります。
あらかじめご了承ください。
 
 
 

過去のポスターコンテスト

さくらねこTNRポスターコンテスト受賞作品発表!

応募総数232件!

沢山のご応募ありがとうございました。

森田恭通賞

【受賞者】ミカミ ミカ

【受賞者コメント】

絵の部分はシルクスクリーンで色を3色にしぼり、シンプルに猫達を表現しました。TNRが世間に浸透して殺処分が無くなることを心から願っています。
 

【森田恭通審査員長からのコメント】

さくらねこを単刀直入に分かりやすく表現し、一人でも多くの方が認知していただける事と思います。
 
 
 

優秀賞

【受賞者】石山 憲明

【受賞者コメント】

年間10万匹もの殺傷処分があることにとても驚き残念に、そして悲しく感じ、このポスター募集イベントに参加させていただきました。
 
 
 

優秀賞

【受賞者】三谷 太

【受賞者コメント】

このポスターで「さくらねこ」の存在が広まり、1匹でも多くの猫が殺処分から救われればと願っております。
 
 
 

「さくらねこTNRポスターコンテスト」※このコンテストは終了しました。

「さくらねこTNRポスターコンテスト」 内容 テーマ

どうぶつ基金では行政による猫の殺処分ゼロを目指して毎年全国数千匹のノラ猫に無料で不妊手術を施して、これ以上増えないようにする取り組み「さくらねこTNR」を行っています。この手術の麻酔中の痛くないときに獣医さんが不妊手術済みのしるしとして耳先をV字にカットします。これをさくら耳といいます。手術済みのしるしは捕獲や手術を2度受けさせないためにも大切なしるしです。そして不妊手術済みでさくら耳になった猫を、桜の花のようにみんなから愛される猫になる願いを込めて「さくらねこ」と呼んでいます。さくらねこは少しずつ認知されるようになりましたが、まだまだ知らない人が多いのが現状です。 また、不妊手術をされてそのうえ耳先を切られてかわいそうという人もいます。でも、もっと残酷な一年間10万匹という猫の殺処分があること、それをゼロにするために最も有効な手段であることも理解してもらいたいのです。 そこで全国の方に、「殺処分ゼロを実現するために不妊手術の大切さ」「さくらねこTNR」「さくら耳のさくらねこは不妊手術済み」「さくらねこの後ろには命を想い世話をする優しい人がいること」などを広く広報して理解を得るためのポスターを募集します。 TNRとは不妊手術の目印としてみみ先をVカットする。その耳は桜の花びらに似ていることからさくら耳といい、その猫をさくらねこという。 これらのテーマを連想させる標語や説明文を入れた個人の作品で未発表のもの。