奄美の外猫ゼロを目指します。

For the number of outdoor cats in Amami Oshima to be 0.

環境省 鹿児島県 奄美5市町村は「奄美大島における生態系保全のための ノネコ管理計画」(以下、管理計画)を策定しました。計画の中には[個体については、飼養を希望する者への譲渡に努め、譲渡できなかった個体 は、できる限り苦痛を与えない方法を用いて安楽死させることとする]と記されています。つまりアマミノクロウサギなど固有種の絶滅を防ぐという理由から、ノネコを3000頭捕獲駆除、譲渡できなかった猫を殺処分するというものです。どうぶつ基金では環境省 鹿児島県 奄美5市町村に対して、「猫の殺処分」に反対を表明し、「奄美のさくらねこ計画」を提案しました。

The Animal Foundation – Monday, June 25, 2018

The Ministry of the Environment, Kagoshima Prefecture and Amami 5 cities, towns and villages have formulated the “wild cat management plan for ecological conservation in Amami Oshima” (hereinafter called management plan). For the plan “The captured cat will then make an effort to assign to those who desire breeding, and cats that can not be transferred shall be euthanized using a method that does not give pain as much as possible。” That is to say, it is to catch 3000 wild cats and kill them that could not be transferred due to the prevention of extinction of endemic species such as ”Amami-no-kurousagi (Amami rabbits)”.
We, the Animal Foundation announced against the Ministry of the Environment, Kagoshima Prefecture and Amami 5 cities, towns, villages, and proposed Amami Sakuraneko Project as an alternative solution on this time. (Sakuraneko means as a sterile contraceptive sign, cut the cat’s ears a small slit at the tip like a cherry blossom petal.) The following is our proposal “Amami Sakuraneko Project.

森にすむ猫たちを10年かけて3000頭捕獲し、
譲渡先が見つからない場合には殺処分しようという計画です。

以下、どうぶつ基金「奄美のさくらねこ計画」内容

経緯 : 独自の生物進化がみられる生態系と、アマミノクロウサギやイリオモテヤマネコ、ヤンバルクイナといった希少生物たちが生息する生物多様性をもつ「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄県)は、世界自然遺産へ登録されることを目指してきました。 環境省と鹿児島県、奄美大島の市町村は、奄美大島のノネコの捕食によりアマミノクロウサギが減少することが、世界自然遺産登録を妨げる大きな要因のひとつと考えているようです。そのため今、大規模なノネコ捕獲計画が実行されようとしています。森にすむ猫たちを10年かけて3000頭捕獲し、譲渡先が見つからない場合には殺処分しようという計画です。

データなどからも、アマミノクロウサギの減少はノネコの捕食が原因とは考えにくく、また、ノネコの捕獲・殺処分は猫を減らす上でなんの効果ももたらしません。残ったノネコ、ノラ猫、島には多い不妊手術をしていない飼い猫は、その後も繁殖をつづけていくでしょう。あらたに生まれてくる猫たちを、これから先もえんえんと殺処分しつづけていくというのは、あまりにも無意味です。 さらに私たちは、鳥獣保護法によるノネコの駆除という位置づけで今回の計画が実施されることに、大きな危機感を抱いています。 ノラ猫とノネコの境界線はあいまいです。 そこで、決めました どうぶつ基金は今年の夏、あまみのさくらねこ病院を開院します。 奄美のさくらねこ計画の発進です。

Background:
The ecosystem in which unique biological evolution is found, and “Amami Oshima, Tokunoshima, Northern Okinawa Island and Iriomotejima” (Kagoshima, Okinawa Prefecture) with biodiversity inhabited by rare creatures such as Amami rabbits, Iriomote wildcat and Okinawa rail)has been aiming to be registered as a World Natural Heritage site. And the Ministry of the Environment, Kagoshima Prefecture, Municipality of Amami Oshima seems to think that reduction of Amami rabbits by the prey of wild cats is one of the major obstacles to the registration of the World Natural Heritage. For this reason, large-scale wild cat capture plan is now being implemented by them. The plan is to capture 3000 cats living in the forest over 10 years and kill them if they can not find the transfer destination.
From the data collected by us, it is unlikely that reduction of Amami rabbits is caused by predation of wild cats, and we believe that catch and killing of wild cat will not have any effect in reducing cats. The remaining cats, wild cats, stray cats, and many pet cats on this island not have contraceptive castration surgery, will continue breeding afterwards.

It is meaningless to keep killing newly born cats and killing them forever. Furthermore, we feel a great sense of crisis that the plan will be carried out with the position “disinfecting wild cats by the Wildlife Protection Law”. The borderline between Wild cat and Stray cat is ambiguous. So, we made the following decision. The Animal Fund will open “Amami Sakuraneko Hospital” in Amami Oshima this summer.

Amami Sakuraneko Project ” is starting.
目的 : 奄美大島のノラ猫に不妊手術をすることによって、ノネコの発生源対策を行い同島独自の在来生態系の保全に資すると共に、ノネコの減少をはかり、外で暮らす猫ゼロを目指します。

★1年間、10000頭の猫の不妊手術可能な体制で挑みます。 「奄美大島ねこ対策協議会」 に、猫の捕獲など協力を要請をします。

★どうぶつ基金があまみのさくらねこ病院を運営します。

 

Our Goal:

By sterilizing the cats in Amami Oshima, we aim to reduce the birth of kittens and contribute to the conservation of the original island ecosystem and to reduce the number of cats and to live outside cats living outside

We request cooperation such as cat catching etc. to ‘Amami Oshima cat countermeasure council’ and challenge 10,000 cats with sterilizable surgery system in one year.

The Animal Care Foudnation operates Amami Sakuraneko Hospital.

行政には、猫の捕獲を要請しています。

2014年11月から6回にわたり2136頭の猫の不妊手術を実施した獣医師リーダー山口武雄が院長に就任。

徳之島ごとさくらねこ一斉TNR報告書はこちらから

★ English英語版はこちらから

NPO法人ゴールゼロ (呼びかけ団体)

「あまみのねこお引越し応援団」を立ち上げます。

署名サイト 

世界遺産を口実に、奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください!